cycle jarnalの公式ブログです。
自分たちが感じたことから自転車についての共感を集めたい、その楽しさをみんなと共有したい!
サイクリストが情報を共有できる場所になればいいな!

2012年2月11日土曜日

Campagnolo

Componentsに何を使うかっていうとSHIMANO派の方も多いとは思うが、ここでは敢えてCampagnoloを礼賛しまくる。
SHIMANOファンの方、お許しください!

僕が感じるCampagnoloの良さとしては、先ずはErgoPowerの変速感覚。

SHIMANOの方が確かに精密で完璧なまさしく"Machine"という変速感はあるが、Campagnoloのそれは少し異質でカチッカチッという感じでちょっとアナログなおもちゃを操作しているような感じがする。
また、僕のメンテナンスが悪いのか、調子の良い時と悪い時がはっきりしている。

しかし、良い時の変速感覚はとても楽しい。それとUltra-Shiftによる上げ3段、下げ5段。これも調子の良いときはめちゃ楽しい。

また、「停める」というより「制御する」という柔らかいFeelingのブレーキ感覚。
それがめちゃ操作しやすい。

にはデザインも秀逸で見ていて飽きないですね。

デザインで言えばCrank-setの美しさ。
実はデザイン面でSHIMANOとの比較において、Campagnoloが特に差をつけているのはCrank-setの美しさではないかと思う次第。
部屋に飾りたいくらい綺麗だと思う。
逆にSHIMANOのCrank-setのデザインはもうちょっとなんとかならないかなぁと思ったりする。
Dura-Aceのそれとかは、なんか自転車のパーツが昔から持っている伝統的な繊細さがないっていうか。
。。
                  Campagnolo Record Crank-set

SHIMANO Dura-Ace Crank-set

それと実はCampagnoloは軽い。Group-setの比較で言えばSHIMANOの最高GradeであるDura-AceよりCampagnoloの3rd GradeであるChorusの方がやや軽いくらい。これは僕も意外だった。このあたりのSpec争いでは日本メーカーのSHIMANOの方が優れていると思っていた。

Campagnoloと言えば「高い」という印象もあるが、これも最近の円高のお陰で海外サイトで買うとかなり安い。日本で普通に買えば20万円位するであろうChorusのGroup-setがBike24あたりでは8万円台で買える。
SHIMANOのULTEGRAで8-9万円位だからそれと同等の値段。
消耗品は確かに割高だが、いまや決してめちゃくちゃ高いものでもない。

「Campagnoloは高いから。。。」と思って敬遠していた貴方!
そんなに高くないですよ。
是非、Campagnolo体験してみてください。

田中宏樹

0 件のコメント:

コメントを投稿