cycle jarnalの公式ブログです。
自分たちが感じたことから自転車についての共感を集めたい、その楽しさをみんなと共有したい!
サイクリストが情報を共有できる場所になればいいな!

2012年2月6日月曜日

2010/02/22の天草


ひろえです。

2010年2月に 、天草サイクルマラソンの試走をした時の摂ブログを貼っておきます。
楽しさが、少しでも伝わればなと…
ちなみに、この時はコースミスをして、下島一周をやってませんorz
新和グラウンドから天草市新和支所がある通りに出ると、天草ロードレース大会のミニハーフマラソンのスタートを待つ集団が今まさにスタートを切らんと行く手の道路いっぱいに広がってるじゃない。あちゃー、彼らを避けて回り道しなきゃならんの、と思った矢先「自転車を通してくださーい」とアナウンスが入って、モーゼの十戒よろしく人波が左右に割れた。ドーモドーモスミマセンスミマセンと恐縮しながら人々の間を小さくなって通り抜ける一同。 
f:id:hiroex:20100222191525j:imagef:id:hiroex:20100222191500j:image 
そんなこんなで県道289号線に沿ってようやく走り出す。
スタートしてすぐに、そこそこの坂が待っていた。いや。コレ、いきなりだと結構キツいんですけど。坂を少し下って右折した県道326号線の集落沿いの道も下り基調だが、県道287号線に左折すると一転する。 
水の色がコバルトブルーに輝く大宮地川の渓谷沿いの木漏れ日の上り坂が待っていたのだ。ここは真夏でも涼しそうでイイなあ…と、気温が上がった今日は楽だが、寒い日は辛いだろうね。
宮地岳郵便局を右折すると国道266号線に入る。 
f:id:hiroex:20100222191935j:image 
さすがは国道だけあって道幅も広く、起伏もなだらかになる。とはいえダラダラした登りが続いて、同じペースを維持するのがキツくなり、次第に集団がバラけてしまう。 
f:id:hiroex:20100222192153j:image 
この日は「30km/hをベースにしてトレインを組んで行こう」と事前に決めていたのだが、鮮魚店氏とじゃにお氏が、どんどん先に行ってしまい、前日50km走った疲れが残るO太氏と、この日調子が出ないナリー君がどんどん遅れていく、その間で、どっちに合わせりゃいいのか判らない私がオロオロすると、そーなんです。
どうもおかしいと思ったら、鮮魚店氏とじゃにお氏、上りでも30km/hで登るんだと思っていたらしい…おまいら揃いも揃ってよう、30km/hはあくまで平坦の話で、登りではそれなりに落すに決まってんだろ、ヴァカw
国道をまっすぐ進んでいたら、「大江天主堂右折」って案内標識が出ていたのだが、指し示す道がなんとも細く頼りなげに見えたので、もう少し先に大きな道への分岐があるんじゃねと勝手にスルーしたが運の尽き、牛深に着いてしまったorz 
f:id:hiroex:20100222201731j:image 
まあいいや、後半シミュレーションはやめて前半のそれに切り替え、本戦の順路とは逆回りに牛深を通って、昼食CPである大江天主堂付近で折り返すことにした。 
f:id:hiroex:20100222193210j:imagef:id:hiroex:20100222193957j:imagef:id:hiroex:20100222193955j:image 
牛深港のハイヤ大橋に到着し登っていくが、素直に渡るのもツマンネと、ループ橋を回って降りてみたテスト。 
f:id:hiroex:20100222194316j:image 
途中の港町の道沿いに干してあったイワシ。丸干も干してあったけど、どっちも旨そうだった。 
f:id:hiroex:20100222194807j:imagef:id:hiroex:20100222194806j:image 
坂を登って、ハイヤ大橋を渡り切った辺りに出て、取りあえず海岸線沿いに進むと、倉庫が立ち並ぶサビシイ地域に出た。空には100のオーダーでトンビが舞ってるしピーヒョロロ~、道は行き止まりだしピーヒョロロ~、それでもなんとか本線に戻ることができたよピーヒョロロ~。 
f:id:hiroex:20100222200057j:image 
のどかな県道35号線のアップダウンを過ぎると茂串湾、角貫湾に出て、ようやく天草らしい海岸沿いの道になってきた。 
f:id:hiroex:20100222195228j:image 
途中の自販機でドリンクを調達したが、こりゃ出てくるのもこんなのかと思ったが、まともなもので助かったw 
f:id:hiroex:20100222200335j:imagef:id:hiroex:20100222200531j:image 
角貫郵便局からは、入り組んだ湾がたまに現れる程度の内陸部のアップダウンを走って、県道266号線に再び出て、道を間違えた三軒屋の分岐まで戻って、今度は正しく本来のルートを選択。
ここからの国道389号線は、海岸沿いの部分からトンネルが続く部分へと変化するスムーズなラインで、快調にクランクを回すことができる。しかし、若いナリー君の調子がぜんぜん出なくて、どうしても遅れてしまうんだな。 
f:id:hiroex:20100222200722j:image 
あげく、船津郵便局前では、鮮魚店氏とO太氏が、ナリー君を待つ間に崎津天主堂を見てくると出かけてしまう始末w 
f:id:hiroex:20100222201125j:image 
どうにか昼食CPの近くの大江天主堂付近に到着。早速昼飯にしようと、地元のばば様に道を尋ね、目指すちゃんぽん店へ。 
f:id:hiroex:20100222201436j:image 
メーンの盛へ到着。
さっきお医者さんの自転車のグループがきたよ、そうです彼らも僕らの仲間なんです、あらそう、とか話していると、O太氏が、柑橘類のいいにおいがしますねと言い出した。そしたらさ、なんとデコポンを山盛りに切った皿が出てきたじゃない。いやあ、疲れた体にクエン酸がこりゃまた効くねえ。いえね、ここでは5名ともちゃんぽんを注文して、足りないだろうと注文した焼き飯2人前も大皿で出てきて、どれも旨くて満腹になったのだが、なんてこったい、肝心の画像を全く残してないんだもんorz

0 件のコメント:

コメントを投稿